特集

とくしま夜の美味探訪

夜の美味探訪
〜とくしま名店放浪記〜
徳島市には見どころ、遊びどころが目白押し。
そんな魅力いっぱいの街をとことん満喫するなら、やっぱりステイプランが一番です。
日が暮れれば、街に飛び出し、名店を訪ね歩きしませんか。
地物の魚介類を味わうもよし、川景色を眺めながら地ビールを酌み交わすもよし。
粉もの文化が根付くこの街ならではの味わい、人のぬくもりを感じさせる老舗の一品…。
バラエティ豊かな美味を味わい尽くす名店放浪へ。

「阿波前寿司」でちょっと贅沢に
栄寿司
明治後期に創業し、創業から110年を超える老舗の寿司屋…と聞けば敷居の高い店を想像しがちですが、ここ栄寿司はそんな心配はご無用。暖簾をくぐれば、白衣の職人さんたちが威勢良く出迎えてくれます。ネタは四代目の尾杉卓さんが鳴門から宍喰まで、自ら吟味して選んだ地物を中心に取り揃えています。また魚介類のみならず、阿波和三盆糖を隠し味に使った玉子など、徳島らしい味わいをとことん堪能できるのも魅力です。

徳島県内で水揚げされた魚介類を使用した握り寿司。握り12貫。

一枚板のカウンターを前に、地酒とともに味わう阿波前は最高の美味しさ。
栄寿司
徳島市秋田町1-15-1 Tel.088-652-6350
営業時間/12:00〜14:00、17:00〜23:00頃
(昼営業は不定休、事前に電話確認を)
定休日/日曜(日・月曜が連休の場合は月曜休み)

店舗詳細はこちら

カウンターで焼きたてをどうぞ
お好焼 みその
徳島市で味わうお好み焼きは、オリジナリティ満点。甘く煮た金時豆を入れた「豆焼き」、そこに玉子やカリッと揚げた天ぷらを加えた「豆天玉焼き」など、ユニークなメニューを提供しています。繁華街にある「みその」は、今から40年前に創業し、一代で店を守り続けています。「コ」の字型の鉄板を囲むスタイルも珍しく、焼きたてをそのまま味わうことができます。またお好み焼きだけではなく、野菜や魚介類、肉の鉄板焼きもあり、お酒とともにいただくことができます。

明かりが灯った「みその」からは、ソースの香ばしい香りが漂ってきます。

フィッシュカツを入れた「カツ天玉焼」など人気メニューを手早く焼くご主人。

お好焼 みその
徳島市富田町2-40 Tel.088-624-5456
営業時間/18:00〜翌2:00
定休日/日曜(日・月曜が連休の場合は月曜休み)

店舗詳細はこちら

ほっこり、心を和ませる味わい お食事処 しげる
昭和35年に姉妹で開業した「しげる」は、現在、妹の松本武子さんが夫の政則さんとともに切り盛りしています。看板メニューは、鮭やタラコなど13種の具材を選べるおむすび。武子さんが絶妙の力加減で握ったおむすびは、口の中でふんわりとほどけます。家庭料理やだしまきなどの一品料理や定食のほか、お持ち帰りのお弁当もあります。飲む前に立ち寄ったり、帰りに腹ごしらえをしたり、お土産を買い求めたり。いろんな使い方ができるお店です。

「ねぎ入りだし巻き」で飲んで、「おむすび」で〆るのもよし。

ガラスケースには色々な具材が全13種。「どれにしようかな」と迷いつつ選ぶお客様の姿も。
松本政則さん、武子さん夫妻の息の合ったコンビネーションもこの店の魅力となっています。

お食事処 しげる
徳島市秋田町1-45 Tel.088-622-0150
営業時間/18:00〜翌2:00
定休日/日曜・祝日
湯気の向こうに美味しい笑顔 萬作
徳島の山間部の郷土料理として知られる「たらいうどん」。桶にもった熱々の釜揚げや湯だめを、つけ汁につけて味わう素朴な料理です。山仕事をしている人が桶を囲み、身体を温めながら親睦を深めたのがそのルーツだとか。そんな素朴な料理を〆に味わえるのは、昭和58年に開業したという「萬作」。コシのある自家製麺とカツオ節でとったコクのあるダシが特徴。「なるべく湯でたてを提供したい」と話す店主。年中無休で頑張る、店主の人柄も味わいとなっています。

コシのある自家製麺がウリの「たらいうどん」(写真は3人前)

店を切り盛りする二代目の土居英明さんの飄々としたおもてなしも、ファンを引きつけています。

萬作
徳島市紺屋町23-1 Tel.088-652-1430
営業時間/20:00〜翌3:00 (金・土曜は〜翌4:00) 定休日/無休
川のほとり、地ビールで乾杯!
麦酒工房 Awa新町川ブリュワリー
オーストラリアで現地のブルーパブに魅了された多田翔悟さんは、国内でビールづくりを学び、2013年にクラフトビール醸造所を開きました。現在は2店舗の直営店で、できたてのクラフトビールを提供しています。農業をしている多田さんの祖父が栽培した小麦を使うなど、素材へのこだわりも満点。3種類の定番のほか、スダチを使ったものなど、常時5〜6種を飲み比べすることができます。

自家醸造クラフトビール。ビール衣で揚げた「地魚のフィッシュ&チップス」などつまみも色々。
麦酒工房 Awa新町川ブリュワリー
徳島市東船場町1-6 バルプラザビル1F
Tel.088-653-2271
営業時間/12:00〜14:00 、17:00〜24:00
(土・日曜は12:00〜24:00)
定休日/月曜(祝日の場合は火曜休み)

店舗詳細はこちら

朝飲み、昼飲みもお気軽に! 安兵衛
JR徳島駅前に暖簾を掲げる「安兵衛」は、なんと朝10時30分から営業しているという居酒屋。開業は戦後間もなくという名店です。地物の魚料理、焼き鳥、おでんなど庶民的なメニューが豊富に用意されており、またランチタイムにはお酒抜きで食事を楽しむことができます。お店のおすすめだという「もも焼き」は、秘伝のタレに絡ませてじっくりと焼き上げた逸品。表面は香ばしく、中はジューシーな仕上がりとなっています。

名物の「もも焼き」を手に、お客様を迎える女将さん。あたたかい人柄が伝わってきます。

安兵衛
徳島市一番町3-22 Tel.088-622-5387
営業時間/10:30〜21:30 定休日/無休

店舗詳細はこちら

徳島の海をそのまま味わう贅沢麺
堂の浦 駅前店

鯛の旨みをギュッと濃縮した「鯛の塩らーめん」のほか、ワンコインで味わえる酒肴も用意。
名物は、鳴門市堂浦でとれた鯛のアラをじっくり煮込んでスープをとった「鯛の塩ラーメン」です。澄み切ったスープには鯛の旨みがギュッと濃縮されており、鳴門の塩で上品に味付け。パリッと揚げた鯛の皮のトッピングも気が利いています。美味しいスープですが飲み干さず、ぜひ「替飯(十五穀米)」の注文を。残ったスープに入れれば、お腹がいっぱいでもサラリと食べられる美味しさです。

堂の浦 駅前店
徳島市寺島本町西1-45-1 Tel.088-652-5112
営業時間/12:00〜14:00頃、18:00〜23:00頃
(売り切れ次第終了) 定休日/無休

店舗詳細はこちら

徳島の夜にはたくさんの名店があります。お酒が入ればお店の人や相客ともうちとけやすくなりますから、
ぜひ宿を飛び出して、この街ならではの味わいや素顔の徳島人との出会いを楽しんでください。

徳島市のグルメ情報はこちら

取材・編集/四国旅マガジンGajA編集部 掲載内容は2018年12月現在のものです。


Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.