特集

実はこの街、コーヒーどころ

徳島コーヒー散歩
〜実はこの街、コーヒーどころ〜
徳島市内をぶらぶらしていると、どこからともなく漂ってくるのはコーヒーのいい香り。
実はこの街には、コーヒーの自家焙煎所がとても多いのです。
また焙煎所直営のカフェや喫茶店の数も多く、煎りたて、挽きたて、淹れたての美味しいコーヒーが評判となっている店は
よりどりみどり。また、人口あたりのパン屋の数は、徳島県が堂々の日本一。その多くが集中している徳島市は、
コーヒーとパンを愛する人がたくさん住んでいる街なのかも。自家焙煎店を訪ねてみれば、
そこには個性豊かな焙煎人たちがいました。老舗喫茶店には、ユニークなパンメニューも。
街歩きの途中に、それらの店にちょっと立ち寄ってみませんか。徳島市のカフェ文化をぜひ体感してください。

モットーは「毎日飲めるコーヒー」
「aalto coffee」&「14g」
「aalto coffee」のオーナーの庄野雄治さんは、焙煎をしながら「コーヒーの絵本」「徳島のホント」などの書籍を出版。「特別な一杯より、毎日飲めるコーヒーを」との考えから生まれたコーヒーは、多くの人の日々を豊かにしてくれています。中心街には直営のカフェ「14g」があり、食や音楽、アートなどのイベントも開催されており、文化発信拠点にもなっています。

大きなテーブルが置かれた14gの店内
店内にある雑貨は、選りすぐりのモノばかり 。

14gブレンド

ここでしか買えない「14gブレンド」など、
アアルトコーヒーの豆をショッピングしよう。

パンプレート
「aalto coffee」&「14g」
徳島市東新町1-14-2F Tel.080-6282-3266
営業時間/11:00〜19:00 火・水曜定休

店舗詳細はこちら

焙煎の様子が店内で見られる!
自家焙煎とよとみ珈琲
豊富正史さんは、異業種からロースターへと転身。インドネシアやコロンビア、グアテマラ、コスタリカ、ブラジルなど、コーヒー豆の産地に足を運び、生産者と直接対話したことでコーヒーへの想いがいっそう深まったと言います。サーフィンを趣味としている豊富さんの大好きな言葉は“PEACE!”。毎日、平和の喜びを感じられる一杯を提供することに喜びを感じています。

ポップに塗られた壁が遠くからも目立つ外観。
まるで洋画に登場するカフェのような雰囲気

マリンスポーツやヨガを愛する豊富さん。
彼の笑顔と優しい物腰もファンを惹きつけます

ホットサンドイッチ
 

「とよとみ珈琲」
徳島市末広2-1-42 Tel.088-655-8052
営業時間/9:00〜19:00 (O.S 18:30) 水曜定休

店舗詳細はこちら

徳島の喫茶店 自家焙煎の草分け
「いかりや珈琲店」
昭和30年5月18日に開業した「いかりや珈琲店」は、徳島市の自家焙煎店の草分け的存在。店主の馬場淳さんの祖母が、当時、徳島では珍しかった焙煎機を導入、こだわりの珈琲を提供し始めました。その想いは淳さんに引き継がれた今も変わらず、自家焙煎にこだわり続けています。深みとコクのあるハウスブレンド、しっかりと抽出したコーヒーで仕立てるコーヒーゼリーは、多くのファンを惹きつけるベストセラーとなっているそう。

いかりやブレンド


老舗の歴史を物語るような木札。「祖母が苦労の末に根付かせた自家焙煎を守りたい」とは店主・馬場さんの弁。

コーヒーゼリー

ネルドリップで提供。ネルのフィルターのお手入れにはことの外、気をつかっているそう。

 

「いかりや珈琲店」
徳島市通町1-12 Tel.088-623-0808
営業時間/8:00〜18:30(土曜は9:00〜17:00)
日曜・祝日定休

店舗詳細はこちら

徳島の喫茶店 ハンバーガーが名物
「たかしまコーヒー店」
昭和34年、髙島元氏がわずか4坪の店からスタート。名物は鉄板で焼くトーストやサンドイッチ、ハンバーガーです。ハンバーガーも含めて全メニューが食パンを使ったホットサンドになっているのが特徴で、70種以上からお気に入りのメニューを選ぶことができます。丸いバンズを想像していると驚くかもしれませんが、カリッと焼けたパンとバラエティ豊かな具材のバランスが絶妙です。

徳島駅前という賑わいの中にありながら、
店内に入れば昭和レトロな空気に包まれます。
 

壁に貼られたメニューの数にはびっくり
どれにしようか、目移りするお客様も多数です。

レギュラーコーヒー
スペシャルバーガー

「たかしまコーヒー店」
徳島市八百屋町2-20-1 Tel.088-652-1071
営業時間/7:00〜19:00 不定休

店舗詳細はこちら

コーヒーのアロマは、気分をリラックスさせてくれる効果があるそうです。
コーヒーの香りに包まれた徳島は、訪れる人をリラックスさせてくれる街なのかもしれませんね。

他のカフェ・喫茶店はこちら

取材・編集/四国旅マガジンGajA編集部 掲載内容は2018年12月現在のものです。


Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.